企業ビジョン

「幸せを広げる会社」経営理念

  1. 私たちの第一の喜びは、お客様にお届けする感謝の気持ちと行動です。 当社のサービス、商品をご利用いただくお客様と当社に関係するすべての人の「笑顔」が私たちの喜びです。
  2. 私たちの第二の喜びは、社員とその家族の「笑顔」のために安心と感動をもって働く環境です。社員の成長と企業成長、安定に全力を尽くし心と物の向上に努めます。
  3. 私たちの第三の喜びは、地域社会が豊かになるよう行動することです。社会の一員である私たちは自分より他の幸せのために貢献し誠実に生きることを喜びとします。

「幸せを広げる会社」平成から令和に新たな時代に変わる。

私たちは、変化の真っ只中にいます。

そして、あの震災から8年が経ち、来年は東京オリンピックパラリンピックの野球、ソフトボール競技が福島あづま球場を舞台に他の競技より前に開催され世界が平和な福島へ心を寄せます。
 
福島が東日本大震災、原発事故と2重の足かせから解放され、新しい時代を迎えるトップランナーとして世界に貢献できるチャンスがめぐってきたのかもしれません。

社会・企業には、必ず試練がやってきます。私たちは、経験・得意を活かし必要とされる「場」に赴き心を込めて寄り添い、お役立ちを行い、互いのエネルギーを高める事で成長しあい、光り輝く存在になるのです。

「幸せを広げる会社」となるには、輝く社員、輝く会社、輝く教育が必要です。時代の要求は、今までのような欲求願望を目指す企業から貢献使命を成し遂げる企業へ変化しています。

それを成し遂げるには、自分だけではなし得ないのです。ONE PIECEの様に仲間を信じ共に乗り越える冒険の旅です。

4,000年以上の昔、縄文中期時代約2,000年間、縄文人がここで誕生し、自然と共存し平和に生きていました。その命は、私たちへ繋がっているのです。私たち一人ひとりにも誕生した意味があります。

誰にでもある幼少時の瞳の輝き、そんな光り輝く心から過去の体験によって、いつの間にか制限となり、とらわれの見せかけの自分に陥ることもあります。

原点に立ち戻る、目標を見つめ直す、改心する。目の前の人に目を向け、何が貢献できるのか、喜んでもらえるのか、精一杯させていただくことに価値があるのです。

何のために生きるのか、何のための人生なのか。共に生きる和の精神を持った私たちがビジョンの探求により、大切なものとつながり、一人ひとりが生きる命を授かります。

信頼の出逢いによりエネルギーの循環が起こり新しい流れができ、みんなの力が一つになり、他力の風が働きます。

仲間、家族、子供達が笑顔で手をつなぎ、お互いを認め合い、助け合うと人生が豊かになります。生きる楽しみに気づき、心が輝き、喜びあふれる幸せな世界を共につくっていきましょう。

タカラ印刷株式会社  代表取締役 林 克重