守り紙ブログ

そもそもどうやって使うの?

こんにちは!タカラ印刷守り紙チームです。
今回は守り紙の基本的な使い方を紹介します。

まず、原本とコピーを区別したい重要な書類のデータをご準備ください。
プリンターの手差しに守り紙をセットし、プリントします。
するとこのように印字されます。(写真右)

次に、印字した守り紙をコピーします。

すると不思議なことに、コピー後の用紙には文字が浮き出ていますね。
これで原本とコピーの違いが一目瞭然です。

守り紙を証明書等に使用することで、偽造を防ぐことができます。
個人情報の取り扱いがより厳しくなっている世の中で、
守り紙の活躍の場はますます広がっています。

オリジナルの浮き文字や小ロットからの生産にも対応しておりますので、
お気軽にお問い合わせください♪

偽造防止用紙「守り紙」については
お気軽にご相談ください。

偽造防止用紙「守り紙」は、お客様の用途に合わせてカスタマイズ可能です。
書類の偽造防止については、タカラ印刷までお気軽にお問い合わせください。