伊達の旧邸訪問

先日、伊達市月舘町出身の詩人についての講座を聴いてきました。

牧師であり農耕もされていた詩人の長谷部俊一郎さん。

宮沢賢治にちょっと似てました。

今月末まで企画展が開催中です。

 

そして、同じ敷地(保原総合公園内)には

素敵なお屋敷が。

 

 

 

外観は洋館ですが、内装は純和風の書院造です。

 

ゆるくカーブした階段を登って二階に行くと

 

薄ら暗くていい雰囲気です。

 

 

窓際は明るくて、開放的。

細い廊下が、部屋の周りを一周しています。

 

 

このお屋敷は、蚕種製造などを営んでいた亀岡正元氏の住居だったそうです。

養蚕ってすごかったんだなと思いながら写真を撮りまくりました。

 

資料館では、伊達政宗の書状も展示されていました。

さすが、伊達市。

(@国指定重要文化財「旧亀岡家住宅」)