物語を紡ぐバトン

まさかの2周目、この後一体どうなってしまうのか??

————————————————
「物語を紡ぐバトン」
前の人が書いた文章をコピペして、そこに1行物語を追加してください。
どんなお話ができあがるでしょうか?
それではどうぞ

今日はよく晴れた日曜日だ。
思いがけず早起きをしてしまった。
冷蔵庫には卵が5つ。
そして牛乳とちょっと固くなったバゲット。
そして待ちに待って調達に成功した最高級のハム。
休日の特別な朝食を作りながら、一日の計画を立てる。

特別な朝食には特別なコーヒーが飲みたいな。
湯を沸かそうとやかんを手に取り蛇口を捻るが、水が出ない。
あれっと思い少し衝撃をあたえてみたところ

蛇口から小さなおっさんが数珠繋ぎになって出てくるではありませんか!
よくよく観ると、・・・CMYKRGB、、な、7にん?7ひき?
色とりどりのおっさんが、シンクのふちを最高級ハムめがけて行進していきます。
よく見ると、そのおっさん達はとても悲しそうな顔をしていました。
お腹が空いているのかもしれない、そう思いつつ心を鬼にすることに決めた。
おっさんを1匹ずつ、菜箸でつまみ上げる。
すると突然、捕まったおっさんが歌を唄いだした。

一方その頃、アパートの隣室で騒音を感じた住民が目を覚ました。
「日曜の朝から隣でうっつぁしない、何歌ってるんだべ?」
隣から聞こえてくるのは、あのクラシックばりのテノールの声量で一世を風靡した
尾崎紀世彦の「また逢う日まで」それにしてもなんてでかい声だ。。。

もう間もなくサビに入るところじゃないか。

歌わずにはいられない………。

―――――

美佳子鈴木ななみ留美遊佐善克政樹由美栄梨伊東
遊佐由美美佳子留美ななみ鈴木善克伊東→政樹(次)栄梨さん!(こんな感じで最後に名前追加

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です